読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラボレーション・エンジニアの考える日々

企業での情報共有とコミュニケーションについて、ITを中心に企業コラボレーションを考えていくブログです。

言論統制

パイロットフェーズを開始して1ヶ月が経ちました。
社内ブログは「どうやったら記事を入力してくれるだろう?」というのが一般的な悩みなのでしょうが、うちの会社はNotes/Dominoを昔から使っていて(当たり前ですが)、Notesでブログという目新しさもあって、みんな結構入力してくれます。
しかし、”Lotusに関係する事”というしばりを入れていたにも関わらず、趣味やオリンピックネタなど、関係のないトピックもしばしば(そんなものに限ってスレッドが盛り上がるわけですが)。また、あまりに自由すぎて、モラルを外している記事やコメントも見受けられるようになってしまいました。これも、ブログが持つ自由な雰囲気がなせる業でしょうか。
しかし、仕事なのでそうも言っていられず、非常に迷いましたが、パイロット参加しているメンバーに以下の2つのお願いを出しました。

  1. Lotus関連のトピックに絞ること
  2. モラルを外さないこと

このように言論を縛ることによって、みんな記事やコメントをアップしにくくなって、コミュニティの活性化に水をさすのではないかというのが迷った理由です。オンライン・ディスカッションに慣れていない会社であれば、はじめはお遊びネタでも良いでしょう。しかし、うちの会社はもうそんな時期は10年前に過ぎています。
私は社員のモラルと可能性を信じたかったので、敢えて言論統制に出ました。それも、結構ビジネスライクな文章で、記事の削除を暗黙的に促すような文まで入れて、遊びじゃなく本気なんだという意思を伝えるために。
さて、これからどうなるか心配でもあり楽しみでもあります。Lotus関係者が1つにまとまって真のコラボレーションが実現できたら、お客様・社員・会社にとって、全てWin-Win-Winになる事でしょう。


さ、がんばろうっと。