読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラボレーション・エンジニアの考える日々

企業での情報共有とコミュニケーションについて、ITを中心に企業コラボレーションを考えていくブログです。

足あと機能の実装

この間、はてなの近藤淳也さんの足跡が私のmixiに残っていました。


日記検索で引っかかってたまたまアクセスされたのでしょうけれど、「近藤さんみたいな人にも見てもらえている」 と思うと、もっと書こうというように思えました。


足あとが残ると思うとアクセスしなくなってしまう人もいるかなと思い、今まではこのDBには実装してきませんでした。mixiであやしそうな人たちのところに自分の足あとが残ると、あとからコンタクトされて何か問題が起こるみたいな風に考えなくもないのです。でも、世の社内SNSシステムで足跡機能の効用が言われているように、メリットの方が多いのかもしれません。社内では怪しい人もいないし。


足あと機能には、以下のようなメリットが考えられると思います。

  • あの人に見てもらえているという思いがモチベーションアップにつながる。
  • 足あとを辿って知らないメンバーのBlogページに飛ぶことにより、知識交流につながる。

一方、"見られている" というネガティブな考えが足あとによって増幅されたり、”見ていることがばれる” という考えにつながったりすることもあるかもしれませんが、メリットの方が断然大きいと考えました。