読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラボレーション・エンジニアの考える日々

企業での情報共有とコミュニケーションについて、ITを中心に企業コラボレーションを考えていくブログです。

Lotusphere 2011開催迫る

Lotus


毎年開催しているLotusの最大イベント"Lotusphere"、今年も1月30日から米国フロリダ州のディズニーランドで開催される。今年のテーマは、"Get Social. Do Business."。ソーシャルに焦点がかなり当たっているようだ。Lotusの企業内SNSソリューションであるLotus Connections 3.0も出荷開始となったし、Lotus Notes/Dominoも、次期バージョンはかなりソーシャルな方向性を示してくることだろう。


まぁそれは置いて、僕が注目しているのは以下の3つだ。


IBM Project Vulcanの具現化
去年のLotusphereで発表になった、Lotus製品の今後の開発ビジョンを示す "IBM Project Vulcan" が、今年はもっと具現化されて語られそうなセッションがいくつかある。各製品関連のセッションも、次期バージョンの "Vulcanize" されたもののプレビューを出してくる可能性が高い。また、Lotus Connections、LotusLiveなどの各種APIのセッションがあったりして、Vulcan の具体的なアーキテクチャーが示されるのではないだろうか。


次期Lotus Notes/Domino
Vulcanizeされた我がノーツの次期バージョンがお披露目されるかもしれない。出荷はまだまだ先だと思うので、今回見られたとしても、出荷までにいろいろ変わってくるだろうとは思うが、楽しみである。ノーツは、メジャーバージョンアップの度に、クライアント重視の機能拡張、サーバー重視の機能拡張を交代で実施している。7.0ではDDMやWeb Serciceなどのサーバー機能が拡張された。8.0ではクライアントがEclipse化された。8.5ではDAOSを初めとしたTCO削減に焦点があたった。そうすると、次はクライアント機能拡張の番だ。Vulcan の思想を実装したUIが出てくる可能性が高い。


XPagesの充実
今年もXPages関連セッションが盛りだくさんだ。"XPages"で検索すると、34セッションもヒットする。その中でも、XPagesでスマートフォンアプリを作るセッションが注目だ。iPhoneのカメラやGPSと連携したiPhone Webアプリケーションの作り方などをやるらしい。勿論、Androidもカバーする。ノーツのモバイル化は、お客様やパートナー様からのご要望が日々強まってきているテーマで、是非、日本でも何らかの形でセミナー出来ればと考えている。




文中、"〜らしい"、"〜かもしれない" などと、中の人らしからぬ物言いになっているが、Lotusphereの内容は社員にも知らされなく、社員もOrlandに行って情報収集するぐらいなのだ。


僕自身は、現地に行くか行かないか、まだ決まっていないけれど、東京3/2(水)、大阪3/8(火)で実施する Lotusphere Comes To You 2011 で、その内容の一部をフィードバックさせて頂く予定なので、是非、ご来場頂きたい。


因みに、Lotusphere Comes To You 2011 の特別講演は、あの星野リゾートの社長、星野佳路(ほしのよしはる)氏だ。申し込みは既にオープンされている。是非、お申し込みを!!!


[関連記事]
Lotus Connections 3.0はIBM Project Vulcanを実装か


#LS11