読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コラボレーション・エンジニアの考える日々

企業での情報共有とコミュニケーションについて、ITを中心に企業コラボレーションを考えていくブログです。

Lotus Notes/Domino 8.5.3からIBM Connectionsが無料で付いてくる?

Lotus Knows EXPO 2011東京での僕と平塚のセッションで、時間切れで言えなかった重要なことがある。One More Thingでお伝えしようとしていたそれが、このタイトルの発表情報だ。


これは真実である。


正確には、IBM Connectionsの沢山ある機能のうち、Profile機能とFile機能の2つがライセンス無料で利用できるというものだ。


世の中には、使いやすそうなつぶやき機能と簡易的なファイル共有機能を組み合わせて、ソーシャルウェアですと言って売られているものがある。しかし、ノーツユーザーは、それらを買う必要はない。IBM Connectionsの真にソーシャル化されたプロフィール機能とファイル機能を無料で利用できるようになったのだ。


実際、この2つの機能は、Connectionsの中でも最も利用するものだ。無料バンドルなんかしちゃって大丈夫なのかとIBM社員ながら思ってしまう。IBMとしては、この2つの機能でコミュニケーションを活性化し、情報共有をさらに進めていただいたあとは、有料のコミュニティ機能、ToDo管理機能、アイデア共有、ブログ、Wikiなどを利用していただきたいと考えている。コミュニケーションや情報共有の活性化だけでは、業務改善・改革には足りない。SNSの場で共有されたアイデアや問題意識を、仕事として回して実現していく仕組が必要であり、それらはシームレスにつながっていることが望ましい。


問題は、これを導入したところで、社員が使ってくれるかということだ。普段はノーツクライアントを使いながら、ブラウザーを立ち上げてConnectionsに行って・・・・などとやってくれるか? ツールが別々だと、手数が多いなどと思われて、面倒に思われてしまう。結局、今までどおり、メールにファイルを添付して送って、そのファイルはメール送受信者のメールボックスに埋没し、共有されることなく、情報の墓場行きとなる・・・


この問題は、普段使っているノーツクライアントに、Connectionsの機能を統合してしまうことで、ある程度解決できる。


以下の2分42秒の動画をご覧頂きたい。ノーツクライアントから、つぶやきを確認したりつぶやいたり、ファイルをアップロードしたりリンク貼付けしたり出来る様子がデモされている。




メールは無くなり、SNSへと移行するなどと世の中で言われることがある。僕もある程度はそうなると思うが、完全にメールがなくなるとは思わない。今後は、メール、SNS(といっても機能は沢山あるが)の機能が解体され、それぞれの良い機能だけが抽出されて、1つのツールへと統合されていくのではないかと思う。


この動画で見られるものは、その未来のコラボレーションツールへの第一歩なのだ。


<関連記事>
IBM Project Vulcan とは